国試勉強法

実習レポートに悩まない!いいレポートを書くために意識するポイント

投稿日:

実習レポートに悩まない!いいレポートを書くために意識するポイントtopimage

実習のレポート、もっと詳しく書きなさいって言われちゃった…

毎日レポートを書いていると、実習目標や考察に何を書けばいいのか悩んできますよね。

そうなの!

シカカラにも、実習レポートについてのお悩みが寄せられることがあります。

ここでは、実習のレポートを書くときのアドバイスを中心に、実習目標の立て方や、考察で気をつけるポイントなどをご紹介していきます。

レポートが上手く書けなくて悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください!

実習レポートの主な内容

レポートの形式や書く内容は、校内実習か校外実習か、どんな実習先かによっても違う場合があります。

<実習の種類>
実習
学校で先生の指導のもと、模型を使ったり生徒同士で協力したりして、技術を学ぶ。

実習
歯科医院での臨床実習や、病院、学校、保健所、高齢者施設などでおこなう実習。見学したり、診療のアシストについたりして、臨床の現場で学ぶ。

ここでは、校外実習の1つ、歯科医院での臨床実習のレポートについて、例をもとにご紹介します。

▼実習レポート例▼

実習レポート例※レポートはイラストも入れて詳しく書くものや、文章をメインに書くものなど様々ですので、サンプルは参考程度にご覧ください。

レポートに書く主な内容
・実習目標
・見学、実習項目
・考察

レポートの形式は学校ごとに違うので、ここであげている項目がない場合もあるかもしれませんが、どれも大切な内容です。

この目標とか考察が、どんなことを書けばいいかわからないんだよね。
では、具体的に目標や考察の考え方やポイントを詳しく解説していきますね!

実習目標が書きやすくなるには?

まずは目標の立て方について解説していきましょう!

実習目標は、「その日の実習でここに気をつけよう」や「これをできるようになろう」という内容を具体的に書きます。

実習レポートで大切なのは、実習の目的を理解すること。

実習の目的を理解できていないと、どのような点に気をつけて実習をおこなえば良いのかがわからないため、明確な目標が立てにくくなります。

また、明確な目標を立てられていないと、考察の際にも何がいけなかったのか曖昧になってしまいます。

目的と目標って違うの?

どちらも「目指すもの」という意味を持っていますね。
具体的にはどう違うのかみていきましょう。

目的と目標の違いとは?

目的
最終的になりたい姿、達成したいこと

実習の目的は、実習の形式や、場所、内容によって変わります。

実習場所や実習内容に対する目的の例を見ていきましょう。

歯科医院で臨床実習をおこなう場合
例)臨床で歯科診療補助がおこなえるようになる

学校での歯科保健指導の場合
例)生徒に歯の大切さについて理解してもらう

目的は、結構大まかなものなんだね。
最終的にこうなりたい、というゴールが目的になるんです。
場所や内容にあわせて「何のためにそこで実習をするのか」を考えれば見えてくるね。
次は目標についてみていきましょう。

目標
目的を達成するための具体的な数値や状態

目標を考える時は「目的を達成するために、どうする必要があるか?」を考えてみましょう。

臨床で歯科診療補助がおこなえるようになるためには…?

  • 治療にあわせた器具の準備ができるようになる
  • 適切なアシストの位置につけるようにする
  • 適切なタイミングで器具の受け渡しをする
ここで挙げられるものが「目標」です。

目標は細かく立てることができるんだね!

目標に悩んだ時は、目的が何だったかを確認し直すようにしましょうね。
目的を忘れてしまうと、目標も曖昧になってしまいます。

実習の考察が書きやすくなるには?

考察を書く時に難しいことは何ですか?
どう書いていいかわかんなくて、感想みたいになっちゃうんだよね。
では、考察と感想の違いをみてみましょう。

感想
物事や作品について感じたこと・思ったこと

例)バキュームの位置が難しいと思った。次は適切な位置でバキュームできるようにしたい。

考察
物事や出来事について、客観的に見て考えること

例)バキュームを持つタイミングが遅かったため、適切な位置でバキュームをおこなえなかった。ドクターの動きをよく見て、どの段階でバキュームを準備すればいいのか、再度確認する必要がある。

考察は、事実や原因が具体的に伝わってくるね。

考察を考える際に大切なポイントをご紹介します。

考え方のポイント

  • 感情ではなく、事象を書く
  • できなかったことを明確にする
  • なぜできなかったのか原因を探る
  • 今後どうすればできるようになるのか、方法を見つける

①実際にどんなことがあったか、②どうして起こったのか、③そこから何が考えられるのか、という点を考えることが大切です。

そうすることで、解決方法や次の目標が明確になってきますよ。

実習レポートを国試勉強に活かす方法

歯科医院での臨床実習は、期間が長く、学校で授業を受けるのとは違うので、大変ですよね。

レポートやメモをまとめていると夜遅くなってしまい、国試の勉強をする時間を別に作るのは難しいかもしれません。

実は、実習レポートを書いている時間も国試の勉強につながっています!
次のポイントを意識して取り組みましょう!

国試の勉強につながるポイント

  • 使った材料や器具
  • アシストなどでおこなった内容

材料や器具は、用途・目的を思い返しながらまとめると、名前と用途を紐づけて覚えることができます。

少しでも早く覚えることで、実習で悩むことがなくなるだけでなく、国試の勉強で改めて覚え直す必要がなくなります。

アシストや実習でおこなった内容は、理由や目的を考えながらまとめることで、応用的な知識も身につけることができますよ。

例えば「患者さんによって使う材料が違ったのは、どうしてだろう?」と考えることで、器具や材料の用途、治療内容ごとの使用器具・材料を理解できるようになるのです。

実習レポートも国試の勉強の一環だと思うと、やったことをまとめるだけじゃなくて、より深く考えることができるね!
実習のメモをまとめる時も、別のノートに写真やイラストとあわせて書いておくと、復習しやすいですよ♪

今回は実習レポートを書く時のポイントについて解説しました。

目標を立てる際は、目的をしっかり理解し、そのためには何が必要か考えることが大切です。

考察は、客観的な事実と原因、今後の課題を考えることで書きやすくなります。

実習はテキストを見て学ぶものではないかもしれませんが、国試に必要な知識を学ぶ場に代わりはありません。

学んだ知識は全て歯科衛生士として働き始めてから役立ちますので、意識して取り組みましょうね。

-国試勉強法

Copyright© 歯科衛生士を目指す学生のための情報サイト|シカカラ 学生版 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.